Q1: 本当に3日間で、木工教室の先生になれるのですか?

スマイルウッドの養成講座で使う教本は、木工教室開講のために特別に作られたオリジナルの教科書です。木工技術と教室運営に関する内容が網羅されており、木工教室開講後も先生のお役にたてるものと自負しております。
養成講座にはスターター木工キットが15種類ついており、実技の授業で数種類の木工キットを使って製作方法や指導法を学んでいただきます。残りのキットは講座修了後の練習用として製作していただき、大小さまざまな作品を作ることで、スマイルウッド独特の木工技術を身につけることができるようになっています。木工キットは先生が教えやすいように工夫して作ってありますので、短期間での習得が可能です。また講座修了後のスターターキットの製作については、メールによる通信講座での学習も並行して行っていきます。

すべての作品には2種類の図面と作り方が詳しく説明してあるレシピがついており、お料理を作るような感覚で作品作りを学んでいただくことができます。

Q2: 3日間の講座が終わったあとで木工技術のことや運営のことでわからないことが出てきた場合、教えていただくことはできますか?

教本を読んでも解決できない場合には、専門アドバイザーが相談にのります。また認定講師同士の輪を広げたり交流を深める会も定期的に開催しますので、可能であればぜひご参加ください。

Q3: 講座を受講するために何か資格は必要ありますか?

必須となる資格やスキルはありませんので、これまで木工を学んだことがない方でも受講することができます。木工技術や教室運営の方法については講師養成講座で学んでいただくことになります。

Q4: 自宅の1室で教室を開きたいと思っているのですが、木の粉で部屋中がホコリだらけにならないか心配です。

スマイルウッドの木工キットは、できるだけ細かい木の粉が出ないような製作方法を取り入れています。多少の木クズは出ますが、掃除機やほうきを使った日常の掃除方法で十分に対応できると考えています。

Q5: 木工と言えば大きな音が出るものだと思うのですが、教室を開いた時に騒音で周りに迷惑にならないか心配です。

スマイルウッドの作品は、基本的にはほとんど電動ドリルドライバーで組みます。金づちほどではありませんが、場所によっては建物の外まで音が響くこともあります。また金づちは毎回必ず使うものではありませんが、使うときには外まで響く音がします。しかし、どちらも長時間使い続けるものではありませんので、使う時間帯を考えればあまり気にすることはないでしょう。そうは言っても音の大きさの感じ方には個人差がありますので、教室を開くことが決まれば、ご近所にご挨拶を兼ねて音を出すことも伝えておくとよいでしょう。

Q6: 教室を開くとなるとやはり特別な部屋が必要でしょうか?

一人で持てるくらいのサイズの作品の場合、一度に受け入れる生徒さんの人数が4名くらいまでなら、ダイニングテーブルサイズの作業机を1台使える部屋があれば十分です。

Q7: 木工を経験したことがないので、どんな道具を揃えたらよいのかわかりません。

スマイルウッドでは、必要な道具をセットにした『おまとめ道具セット』もご用意しています。こちらは必要な方のみのご購入となります。なお、ひとつひとつの道具の販売はしておりませんので、電動ドライバーや定規など基本的なものをお持ちの際には、足りないものだけをご自身で揃えていただくことになります。その際にも、どのようなものを揃えればよいか、購入先などをご案内しますので、どうぞご安心ください。

Q8: 木工キットとは、どのようなものですか?

作品のパーツごとにカットされた木材がワンセットになっているものです。材料を準備する手間が不要で、すぐに製作を始められます。使用している木材は、日本の杉の間伐材(森の木を育てるために間引いた木)です。図面2種類とレシピがついています。引き手などの金物、ビス、塗料は含まれませんので、別途購入が必要となります。

Q9: 杉の木をたくさん使って、森は大丈夫なのでしょうか?

現在の日本の杉の森は、木を使うことで健全に保たれると言えます。植林された杉の森は、日光や栄養が行き届いて木が大きく育つよう、時期がくれば間引かれなければなりません。そうして切られた木は間伐材と呼ばれますが、現在は、間伐されても行き場がなく森の中に放置されたり、使われないから間伐すらされないという森の現状があります。間伐されないと森の木は根をしっかりと張ることもできず、太く育つこともできません。そのことが水害の原因になることもあります。スマイルウッドでは杉の間伐材を木工キットとしてたくさん使うことで、森を健全に保つ一助となることを目指しています。

Q10:木工キットを使って、どんな作品を作ることができますか?

コースターのような小さなものから、イスやテーブルなどの大きなものまで多岐にわたりご用意しています。現在約60種類ですが、今後も増やしていく予定です。作品リストのページで、その一部をご覧いただけます。

Q11 木工キットではどんな風に組み立てるのでしょうか?

電動ドリルドライバーを使って、ビスで組み立てます。

Q12: どんな感じで木工キットを製作するのか、イメージがわきません。

すでに認定講師になられた方の教室がお近くにあれば、一度参加して木工キットでの製作を経験されるとよいでしょう。ご希望に合わせて出張教室を開講することもできますので、体験をご希望の場合は、お問い合わせください。

Q13: 講師養成講座を受講しないで木工キットだけ欲しいのですが?

申し訳ありませんが、木工キットのみの販売はしておりません。キットは講師養成講座を修了された方のみご注文いただけます。これは、スマイルウッドが、講師養成をすることで木のことをよく理解した木工教室を増やし、杉の間伐材でできた木工キットがたくさん使われることを目指しているからです。

Q14: 認定講師になって、購入した木工キットを他の人に販売することはできますか?

「キットの状態」で販売することは禁止しています。キットをご自身で製作して「完成させたもの」を販売することは可能です。

Q15: おうち木工教室の先生になりたいのですが、必ずスマイルウッドの木工キットを使わないといけないのでしょうか?

ご自身の教室では他の木材を使っていただいても構いません。

Q16 木工キットのサイズを少し変更して販売してもらいたいのですが?

申し訳ありませんが、キットのサイズ変更は受け付けておりません。どうしてもサイズを小さくしてお作りになりたい場合には、キットを購入してご自身でサイズを適宜アレンジするなどしてお使いください。

Q17: 自分がデザインした作品を木工教室で教えたいのですが、木を切ってもらうことはできますか?

場合によっては可能です。まずご自身で図面やレシピを考えていただき、構造やサイズに問題がないかどうか、価格をどうするのかなど、専門アドバイザーとこまかい打ち合わせをします。問題がなければ、キットを製作します。キットは小物の場合は最低10個から、テーブルやイスなど大型のものは最低5個からお作りします。相談料が別途かかる場合があります。また、認定講師とスマイルウッドの双方が、その作品をスマイルウッドの木工キットとして多くの方にお作りいただきたい場合には、作品リスト入りすることもあります。

Q18: 化学物質が苦手なのですが、ボンドや塗料には含まれていますか?

スマイルウッドで使う接着剤や塗料は、天然素材を主原料とするものでできていますので、安心してお使いいただくことができます。これもスマイルウッドの大きなこだわりです。

Q19: 杉花粉症なのですが、杉の木材でもアレルギーになりますか?

杉の木でも、花粉と木材は基本的には違います。杉の花粉症でも木材を使った時にアレルギーが出る方はほとんどいません。
杉に限らず木材でのアレルギーはまれにあります。アレルギー反応は人によって違いますので、もし不安でしたら病院でアレルギー検査をされることをおすすめします。

Q20:女性にも木工はできますか?難しくないでしょうか?

木工は男女問わずできます。近頃は木を使ってものづくりをする女性が増えてきています。また、講師養成講座では、お一人おひとりの レベルに合わせて指導いたしますので木工が初めての方にも安心して学んでいただけると思っています。

Q21: 講師養成講座ではどんな先生に教えてもらうのでしょうか?

弊社の専門アドバイザーが講師を務めます。ご自宅で講師養成講座を開講する場合、女性のアドバイザーが担当させていただきます。受講生が男性の場合には、男性の専門アドバイザーがお伺いいたします。

Q22: 人と接することが好きなので教室を開くことを考えているのですが、木工を経験したことがありません。そんな私にでも人に教えることができるでしょうか?

人に教えるためには、意志・木工技術・人に伝える技術などが必要になります。
人と接することが好きというのは教室を開くうえでのプラス要素の一つになります。それ以外にも、「木が好きだから」「モノを作るのが好きだから」「人に何かを教えるのが好きだから」「環境にやさしいことをしたいから」など、教室を開きたい理由・目的が明確であれば、指導者としてのスキルを上げるきっかけになるでしょう。
木工技術については3日間の講座でしっかりと基礎を学んでいただけるようにカリキュラムを組んでいます。
そして学んだことを人にうまく伝えることが必要になりますが、人に教えることに慣れていないのであれば、はじめのうちは友人・知人に生徒役をしてもらうなどして人に伝える練習をしてみるとよいでしょう。

Q23: 趣味で木工をしています。木工教室を始めたいのですが、何を準備したらいいのか、よくわかりません。

講師養成講座では、木工技術だけではなく教室を運営するためのサービス面についても学ぶことができます。講師養成講座の受講中に、ご自身の木工教室の特徴を明確にしていくことで、 スマイルウッドはあなたの木工教室をブランディングするお手伝いをさせていただきます。

Q24: 認定講師になって教室を始めました。私の生徒さんも認定講師になりたい場合、私が講義をすればその生徒さんが認定講師になることはできるのでしょうか?

それはできません。認定講師になりたい場合は、スマイルウッドの専門アドバイザーによる講師養成講座を受講していただくことになります