京都新聞文化センター【9月】の様子

京都新聞文化センターでの出張木工教室。

男性はふた付きの作品を。
sw31 DVDボックスですね。

DVDがちょうど収まるサイズに設計してあるのでこの名前ですが
要はふた付きの箱なので、なんでも収納できて便利です。

dsc_6516dsc_6525dsc_6537
縄で巻かれたこんな道具を持って来て見せてくださいました。
これがいい感じにやすりがけできるんです。
トクサのかわりに、これもアリですね。

この方は、おうちにあるものを工夫して
ものづくりを楽しんでおられます。
dsc_6539

お写真NGの方もおられるので、ちょこっとご紹介。
sw33 小さなテーブル。
dsc_6515

dsc_6518

途中、印をつけるところの間違いに私も気づけず
あわわ・・・という場面もありましたが
なんとか組み上がりました。

dsc_6540

sw54 ダラーシェルフは、のこぎりの作業も体験できる作品です。

dsc_6522

この方は、ご自宅でもこれまでにいろいろものづくりをされてこられたようですが
この木工の講座を受けるようになってから身につけたことを活かして、
これまで以上に木のものづくりに取り組んでおられるようです。

自分でアレンジして棚を作っているとのこと。
嬉しいですね。

そしてラダ―シェルフも無事完成。

dsc_6543

ちょっとしたコツがわかれば、それを自分のものづくりに生かしてもらえると思うので
ぜひスマイルウッドの木工を体験していただけたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう